往復15回ほど繰り返します

肩を圧すだけで厳しい、上肢を回すだけでゴリゴリ音調が始める、あんな激しい肩こりに耐える方も多いはす。
整体なので定期的な改善ができればいいのですが、保険お越しがきかないとなると施行費用も高くつくので診察は諦めがちだ。
肩こりは首から肩にわたっての僧帽筋という肩甲挙筋が縮んでドキドキし硬くなって掛かる実情。前屈みで心が前傾して重たい心を支えているので、必ず困難かけてしまう。
意識して動かしてほぐしてあげればいいのですが、まずまずそれを日課するのは難しいです。私もそのセルフだ。
そこで思いついたのが、洗濯だ。いつもお風呂のお湯を洗浄水に取り扱うシーン、以前は汲み上げホースを使っていたの止めて、3リットルのサイズのバケツで汲み上げることにしたのです。
ぼくは利き手ではない左手の肩こりが酷かったので、バケツを左手で汲み上げて洗濯機に移します。バケツの水を汲み上げる時は肩甲骨をはたらくように引き上げて、左腕の筋力のみをつぎ込み、往復15回ほど繰り返します。
最初の頃は労力だと感じていたのですが、ホースで汲み上げるよりも歳月が節減できたので、苦にはならなくなりました。
あと洗濯を乾かす時も、上肢が肩によって上にあげて干せるように隅ハンガーをカーテンレールにひかって乾かすようにしました。
自然と肩甲骨も動きので、所帯をしながら肩をストレッチングできるのです。
指し出すというこういう洗濯しながら上肢も取り扱うことが楽しくなり、今では洗濯だけは左側で洗濯バサミで挟んだり、ハンガーを干したりとするようになりました。
こっていた左肩が温まって現れるのが分かるのです。お風呂の入浴人物にも最初オリジナリティしました。半身浴の後に20℃程の冷水を肩から受けるのです。
最初は水を浴びることに抵抗があったのですが、徒歩→手→上肢→肩という心臓から離れたポイントからかけていくとじわじわ体調が冷水に慣れてきたジワジワとあったかくなります。
時間に剰余があれば入浴歳月を5食い分ずつ切り落としながら、冷水シャワーを数回繰り返します。スキンの血管が気温の励みで進化って収斂を増やすといった結果、血行もよくなりますし、消耗物の乳酸も汗と共に放出されます。入浴やり方を工夫するだけで、疲弊のとれかたにも差がでてくるので、お風呂立ちは体調がすっきりする。
今では左手の肩こりの痛みもいやに緩和して、肩こりで起きていた頭痛も進歩されつつあります。体の無秩序の原因がよくなるとポリシーも前向きに生き方もよくなるので、毎日の所帯を少々最初工夫して、肩こりを解消してみてはいかがでしょうか。www.wacodesigns.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする